藤糸づくり体験

遠山ふじ糸伝承の会が年間を通して行っている

藤切り、藤剥ぎ、アク炊き、藤こき、のし入れ、藤ウミ、よりかけ の作業を

実際に体験して学ぶ事ができます。

年間プログラムの中からご希望のイベントにご参加いただけます。

詳細はお気軽にお問合せ下さい。

TEL:080-8478-7884


藤糸づくりプログラム

藤刈り(5月~6月)

山に入って藤刈りをするメンバー
山に入って藤刈りをするメンバー
刈った藤は軽トラいっぱいに
刈った藤は軽トラいっぱいに

京都・「京丹後 藤織り保存会」会員、京都大学教授も参加しての作業

例年5月中旬から6月にかけて20名前後で行います。

※作業のポイント
「5・6月の水分を含んだ藤の蔓・親指ほどの太さ(3,4年目の蔓)を選び、

両手を広げた長さ(1m~1.5m)に切る。根元側をアタマと言い、アタマ側に

目印の切り目を付けておく。」

藤剥ぎ(藤刈りに引き続き行う)

藤の皮を剥ぎます
藤の皮を剥ぎます
皮を剥ぎ中皮を出します
皮を剥ぎ中皮を出します

「藤の皮を剥ぎ、中皮を取りだす作業。アタマ側の端を緩く束ねて

繊維の向きをそろえて干しておく。」

藤コキ(7月中旬)

藤コキの様子
藤コキの様子
藤の中皮を繊維だけにします
藤の中皮を繊維だけにします

藤コキ(中皮を繊維だけにする作業)に使用する「コウバシ」作り。

昔ながらの道具も手作りで再現して行っています。

藤の灰汁炊き(7月下旬)

藤を大鍋で炊きます
藤を大鍋で炊きます
薪で炊くこと4時間
薪で炊くこと4時間


藤の灰汁炊きは、藤に良質な灰をまぶし練りこみ、4時間かけて炊きます。

藤コキ(灰汁炊き後すぐ行います)

清流での藤コキ
清流での藤コキ
きれいに藤をコキます
きれいに藤をコキます

コウバシではさみながら、しごく様に又は髪をとかすかの様に

アクの部分を洗い落としていく。

すると・・・

美しい藤の繊維が現れます。

藤コキを行う事で繊維ができます
藤コキを行う事で繊維ができます

川底の石の上を金色の繊維が泳ぐようなその瞬間は、感動的。

藤のノシ入れ

藤コキが終わった繊維
藤コキが終わった繊維
ぬかでリンスします
ぬかでリンスします

藤コキの後、繊維を柔らかくするため、ぬかを溶いた湯につける(リンス)

「ノシ入れ」を行い、干します。

ノシ入れ後、干します
ノシ入れ後、干します
藤の繊維
藤の繊維
束ねた藤の繊維
束ねた藤の繊維

藤糸は古くからこのようにして、人の手によって丁寧に作られてきました。

遠山ふじ糸伝承の会では、年間を通して藤糸づくりのプログラムを実施し

同時にこの伝承の技を体験していただいております。

信州の自然に囲まれた遠山郷であなたも藤糸づくりを体験してみませんか?

体験のお申込み、お問合せは以下のフォームまたはお電話でお気軽にどうぞ。

TEL:080-8478-7884

藤糸づくり体験プログラム問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

TEL:080-8478-7884

〒399-1311

長野県飯田市南信濃和田1192


4月28日29日の体験民泊

28日29日で籠編み体験の民泊を行いました。

7名様、研修会を兼ねての体験民泊☆

打ち合わせによって、

初日、かぐらの湯で会食会研修会を行い

民泊先へ☆朝食を済ませ

今回の会場、自治振興センターへ

9時~準備、予定説明をしながら特産の赤石銘茶でお茶

9時45分~籠編み11時半~五平餅づくり

昼食しながらの交流13時過ぎ解散となりました。助産師さんの会でした。

遠山の逸話「藤姫物語」の中で

藤姫が感謝して祈っていったのは

かくまった家の安泰、安産です☆

縁を感じます☆

これからも、繋がっていく会の交流となりました。


0 コメント

藤績み(フジウミ)という糸紡ぎを行います

2017年、最初の活動のお知らせです。

1月22日.28日.29日

13:00~

遠山郷土館にて今年度の藤を

いよいよ糸にしていきます。

藤の繊維を紡いで繋ぎ合わせていく根気のいる作業です。

これを「藤績み」フジウミといいます。

会員は集まって、お喋りしながらコツを教え合ったりしながら楽しんで行っています。

今年から、こういった

藤糸を作る工程作業も

体験出来るようになりました。

13時~15時作業して

30分ほどお茶の時間を楽しんで終了です。

一般参加の方は

22日.28日のみ

500円で体験出来ます。

(短時間参加可能.糸の持ち帰りは別途)

ちょっと変わった体験が出来ます。

会員とのお茶付き交流も、楽しんで頂けたらと、お待ちしております。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。


遠山ふじ糸伝承の会

長野県飯田市南信濃和田1192 

080-8478-7884

体験された方の作品紹介

体験は12月~2月の冬季お休みです。

会の活動としては、これから糸紡ぎして3月中に、今年の糸で織りをする工程をしていきます。


その間に、時々、今年度体験されたお客様の作品や様子を紹介させて頂きます。

最近の作品からさかのぼっていきますので、ご覧下さい。


12月

飯田市林務課さまより依頼が有りました「いいだ森林学校」の体験講座でリースづくりと籠編みを行いました。


ご家族での参加が多く、子供さんの発想に驚いたり、オシャレにまとめるお母さん、ダイナミックな作品を作るお父さん、初めて籠を編む方と楽しく過ごせた2時間でした。




遠山ふじ糸伝承の会

                     長野県飯田市南信濃和田1192

080-8478-7884

織物体験を楽しんで頂きました。

今日は二組のご夫婦が、織物体験を楽しまれました。

一組は,卓上機でペンケースを

もう一組は、オリジナル原始織り機でタペストリーを織りました。

小さなお子様と一緒のため、お母さんお父さんが交代で一つの作品を織りあげ

ました。育児も、楽しみも協力し合う若きご夫婦が素敵でした。

「遠山ふじ糸伝承の会」籠編み体験

籠編み体験も好評でした。
籠編み体験も好評でした。

11月13日、かぐらの湯にて

道の駅認定11周年記念祭が行われました。遠山ふじ糸伝承の会では

温泉施設内において、籠編み体験を

開催し、70代の女性から小学生まで

の方々が体験を楽しまれました。

「みかんを入れる籠が出来た」と喜ばれる方、お子さんは「ハロウィンに使いたかった」と言いながら、完成した籠に持ち手を付けてもらい、腕に掛けて嬉しそうな表情を見せてくれました。